旅と健康の情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 感染症速報:アフリカで2つの危険な感染症が流行中

<<   作成日時 : 2009/01/08 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

感染症速報
12月末、WHOからアフリカにおけるエボラ出血熱とコレラの流行が報告された。

エボラ出血熱はコンゴ民主共和国で昨年12月から流行が発生しており、すでに3人の患者が確認された。これ以外に36人の疑い患者がいるという。同国は政情不安が続いており日本人の滞在者もあまり多くない。また流行が拡大しているのはカサイ・オクシデンタル州というジャングル地帯であり、日本人が感染するリスクはあまり高くないものと考える。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2009C004

コレラの流行は昨年よりジンバブエ共和国で発生しており、患者数はさらに拡大している模様である。その数は12月末までに2万6000人以上(うち1500人死亡)に達しており、とくに首都のHarareと南西部のBudirioでの発生が多い。同国ではムカベ政権への批判から国内が混乱状態に陥っており、今後も流行が終息するめどは立っていない。さらに深刻な問題は流行が近隣諸国に拡大している点で、南アフリカ共和国でも12月末までに1200人以上のコレラ患者が確認された。南アでのサッカーワールドカップ開催を来年に控え、今後はアフリカ南部への日本人旅行者が増えることも予想されており、コレラへの注意喚起が必要になるだろう。
http://www.forth.go.jp/official/090105.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感染症速報:アフリカで2つの危険な感染症が流行中 旅と健康の情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる