旅と健康の情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザ流行概況(1月11日)

<<   作成日時 : 2010/01/11 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 WHOは1月8日に世界の流行情報を更新した。
http://www.who.int/csr/don/2010_01_08/en/index.html
 北米、西欧、東アジアでは流行がほぼ鎮静化している。その一方で東欧(ポーランド、セルビア、ウクライナなど)、北アフリカ(エジプトなど)、南アジア(インド、ネパール、スリランカなど)で流行が拡大している模様だ。
インフルエンザ患者から検出されるウイルスは、ほとんどがパンデミックH1N1型であるが、中国では10%に季節性のH3N2型やH1N1型が検出されている。タミフル耐性ウイルスは190例が確認されているが、それ以外にウイルスの変化はみられていない。
 日本の厚生労働省は1月7日に定点調査結果(12月21日〜27日)を発表した。
http://www.who.int/csr/don/2010_01_08/en/index.html
 インフルエンザによる受診患者数は4週連続で減少しており、国内の流行もほぼ鎮静化している模様だ。ただし、沖縄県で流行が再燃している点と、20歳以上でやや患者数が増加している点に注意すべきである。とくに後者は第三波の流行の予兆かもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザ流行概況(1月11日) 旅と健康の情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる