旅と健康の情報局

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本でも新型ワクチンが積み残しになる可能性が高い!

<<   作成日時 : 2010/01/11 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヨーロッパでは新型ワクチンの積み残しがでる国が続出しており、その処分に苦慮している。フランスでは国民全員をカバーする量のワクチンを準備していたが、まだ国民の1割も接種していない状況で、ワクチン会社への返品も考えている。ドイツでも同様の理由で当初の発注量を半分に減らす予定である。このようにワクチンが余りはじめた理由は、接種率の低さとともに、当初予定した2回接種ではなく1回接種で効果がでる点にある。
 こうした状況を受けて、WHOは先進国に余剰ワクチンを途上国に提供するよう呼びかけているが、このWHOの呼びかけには日本も含まれている。実は日本も近いうちに新型ワクチンが余る可能性が大なのである。
http://mainichi.jp/select/science/news/20100108ddm007040049000c.html
 日本政府は今年度内に約1億5000万回分のワクチンを供給する計画を立てた。当初はこれで日本国民の半分以上をカバーできると考えていた。しかし、13歳以上は1回接種で済むため、日本国民全員に接種しても必要量は1億4000万回分になる。しかも既に感染した人は接種しなくていいから、もっと必要量は少なくなるだろう。これだけ見ても明らかに新型ワクチンは国内でも余る計算になる。これを今後どのように処分していくかが、大きな問題になってくるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本でも新型ワクチンが積み残しになる可能性が高い! 旅と健康の情報局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる