アクセスカウンタ

<<  2010年2月のブログ記事 zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
バングラデイシュでニパウイルスの患者発生
 バングラデイシュのダッカ近郊で、ニパウイルスに感染した家族3名が死亡した。いずれの患者も脳炎を発症していた(Pro MED 2010-1-20)。  ニパウイルスは1998年にマレーシアで最初に感染が確認された病原体である。その後、2004年よりバングラデイシュでも患者の発生していることが明らかになった。このウイルスはコウモリが保有しており、マレーシアではコウモリに接触した豚の感染が最初におこり、その豚の排泄物などに接触した人間の感染が次におこった。バングラデイシュでは、コウモリの排泄物に汚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:25
ニューヨークでも感染症に要注意!
 2010年になり、ニューヨーク市郊外で流行性耳下腺炎の患者が300名以上発生している(Pro MED 2010-2-6)。これは米国で数年ぶりの大流行である。流行の発端は、当地で開催されたユダヤ教徒のサマーキャンプとされているが、このキャンプの参加者が流行性耳下腺炎に罹患しており、流行を拡大させたようだ。 流行性耳下腺炎は飛沫感染するウイルス疾患であり、成人が罹患すると、精巣炎や卵巣炎など重篤な症状をおこすことがある。未感染者はワクチン接種を受けておくことが推奨されている。  ニューヨーク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:23
東南アジアでのチクングニア熱の流行
 チクングニア熱は蚊に媒介されるウイルス性疾患で、デング熱類似の発熱や、筋肉痛、関節痛などをおこす。重症化や死亡は稀である。2000年代中頃からインド洋周辺で再興しており、近年は東南アジア各国でも患者数の増加がみられている。  インドネシアでは2009年に4万人の患者が発生しており、とくに2009年末からはスマトラ南部で大きな流行がみられた。タイでも2009年に患者が多発しており、南部のプーケットなどで、その数が5万人に達した。この病気にはワクチンがないため、流行地域では蚊に刺されないようにす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:22
新型インフルエンザの流行概況(2月27日)
 2月になり世界的に新型インフルエンザの流行は鎮静化している。WHOが2010年2月26日に発表した流行状況でも、南アジア、東南アジア、東欧などでは患者の発生が続いているが、全体的には流行が終息した模様である。 http://www.who.int/csr/don/2010_02_26/en/index.html  こうした状況からWHOは2月24日に緊急委員会を招集し、終息宣言をするか否かについての討議を行なった。その結果、西アフリカでの流行状況や、南半球の今後の状況が不透明なことから、今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:21

<<  2010年2月のブログ記事

トップへ

旅と健康の情報局 2010年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる