アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「感染症速報」のブログ記事

みんなの「感染症速報」ブログ

タイトル 日 時
バングラデイシュでニパウイルスの患者発生
 バングラデイシュのダッカ近郊で、ニパウイルスに感染した家族3名が死亡した。いずれの患者も脳炎を発症していた(Pro MED 2010-1-20)。  ニパウイルスは1998年にマレーシアで最初に感染が確認された病原体である。その後、2004年よりバングラデイシュでも患者の発生していることが明らかになった。このウイルスはコウモリが保有しており、マレーシアではコウモリに接触した豚の感染が最初におこり、その豚の排泄物などに接触した人間の感染が次におこった。バングラデイシュでは、コウモリの排泄物に汚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:25
ニューヨークでも感染症に要注意!
 2010年になり、ニューヨーク市郊外で流行性耳下腺炎の患者が300名以上発生している(Pro MED 2010-2-6)。これは米国で数年ぶりの大流行である。流行の発端は、当地で開催されたユダヤ教徒のサマーキャンプとされているが、このキャンプの参加者が流行性耳下腺炎に罹患しており、流行を拡大させたようだ。 流行性耳下腺炎は飛沫感染するウイルス疾患であり、成人が罹患すると、精巣炎や卵巣炎など重篤な症状をおこすことがある。未感染者はワクチン接種を受けておくことが推奨されている。  ニューヨーク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:23
東南アジアでのチクングニア熱の流行
 チクングニア熱は蚊に媒介されるウイルス性疾患で、デング熱類似の発熱や、筋肉痛、関節痛などをおこす。重症化や死亡は稀である。2000年代中頃からインド洋周辺で再興しており、近年は東南アジア各国でも患者数の増加がみられている。  インドネシアでは2009年に4万人の患者が発生しており、とくに2009年末からはスマトラ南部で大きな流行がみられた。タイでも2009年に患者が多発しており、南部のプーケットなどで、その数が5万人に達した。この病気にはワクチンがないため、流行地域では蚊に刺されないようにす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 15:22
ニューヨーク観光でも狂犬病に要注意!
 最近3ヶ月間にニューヨークのセントラルパークで捕獲されたアライグマ三頭が、狂犬病に感染していることが明らかになった(Pro MED 2009-12-7)。これ以外にも、スカンクやコウモリが感染している可能性がある。公園内では動物に近づかないように注意するとともに、もし噛まれた場合は救急外来などで迅速に処置を受ける必要がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 17:44
オランダで家畜から感染するQ熱流行
 オランダ南部の農場でQ熱の流行が発生している。2009年12月中旬までに2000名以上の患者が確認され、うち6名が死亡した。オランダ当局は感染したヤギの処分を進めている(Pro MED 2009-12-17、検疫所情報 2009-12-28)。 http://www.forth.go.jp/tourist/topics/topics09-12.html#10  Q熱はリケッチアによる感染症で、もともとは家畜(牛、羊、ヤギ)に流産などをおこす疾患である。感染動物の糞尿に病原体が排泄されるが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 17:43
鳥インフルエンザは眠っていない!
 WHOは2009年の鳥インフルエンザ(H5N1型)患者の発生状況を更新した。 http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/country/cases_table_2009_12_30/en/index.html  これによると年間で72名の患者が発生し、32名が死亡している。2008年の44名よりも増加しており、2007年のレベルに戻ったようだ。国別の患者数はエジプトが39名(4名死亡)、インドネシアが20名(19名死亡)である。エジプトで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 17:41
海外感染症通信(2009年12月号)
世界各地でのデング熱流行状況  ベトナムでは10月までに7万人のデング熱患者が発生しており、これは昨年よりも16%以上多い数となっている。とくに今年は南部だけでなく、ハノイなど北部でも患者が発生しているようだ(Pro MED 2009-10-26、外務省渡航情報 2009-10-15)。マレーシアでも9月末までに3万人以上、フィリピンでは2万人以上の患者が発生した(CDC Outbreak News 2009-11-11)。台湾でも高雄を中心に11月中旬までに400人近い患者が確認されている(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 17:25
感染症速報「月刊新型インフルエンザ」09年2月号
流行状況 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/10 14:44
感染症速報:中国北部で2名の鳥インフルエンザ患者発生
感染症速報 1月17日と18日に中国衛生部は、中国北部で2名の鳥インフルエンザ(H5N1型)患者が発生したことを報告した。1例目は北京の西方にある山西省に住む2歳の女児で、1月7日に発病しており現在、重体となっている。2例目は山東省済南市に住む27歳の女性で、1月5日に発病し死亡した。 http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/birdflu090118_j.htm http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/b... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 19:56
感染症速報:アフリカで2つの危険な感染症が流行中
感染症速報 12月末、WHOからアフリカにおけるエボラ出血熱とコレラの流行が報告された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 09:14
感染症速報:北京で鳥インフルエンザの女性が死亡
感染症速報 中国の北京市で1月5日に19歳の女性が鳥インフルエンザで死亡した。 この女性は12月24日に発病し、27日より市内の病院で入院治療を受けていた。発病前に市場で生きた家禽を購入していた可能性がある。北京市衛生部では患者と濃厚に接触した者100人以上を監視下において経過観察している。 現時点で今回の事例が新型の発生につながる可能性は低いが、北京という大都市で患者が発生しただけに、今後の経過に注目する必要がある。 詳細な情報については在中国日本大使館のホームページを参照ください。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/07 09:44
感染症速報:月刊「新型インフルエンザ」12月号
流行状況 ・2008年になりトリの間でのH5N1型ウイルスの流行は2007年に比べて鎮静化の傾向にある。ただし、11月下旬よりインドのアッサム地方を中心に流行が拡大している。また、12月初旬にはベトナムや中国(香港)でも家禽類の流行が確認された。 ・H5N1型ウイルスの患者発生も今年は少なくなっているが、WHOは11月中にインドネシアで2名の患者が発生したことを報告した。また12月になり、カンボジア、エジプトでも1名ずつ患者が発生している。 ・WHOの集計によれば、12月中旬までにH5N1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/04 12:40

トップへ | みんなの「感染症速報」ブログ

旅と健康の情報局 感染症速報のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる